松山中央整骨院
MENU

「すねの内側の痛み」その正体とはシンスプリントかもしれません。

「すねの内側の痛み」その正体とはシンスプリントかもしれません。

電話問合せはこちら所在地はこちらから

「すねの内側の痛み」その正体とはシンスプリントかもしれません。

このような症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

□走ったり、ジャンプするとすねの内側が痛い

□運動中や運動後にすねの内側が痛い

□すねの内側を押えると痛い

□運動しないと痛みが軽減するが運動を開始するとすねが痛い

□すねの骨がミシミシきしむ感じがする

 

1つでも当てはまれば

シンスプリントというスポーツ障害になっている可能性があります。

 

シンスプリントは正式名称を「脛骨過労性骨膜炎」と言います。

すねの内側に痛みを訴えるスポーツ障害の一つです。

マラソン、陸上の短距離・長距離、サッカー、バスケット、バレーボールなど

走ったりジャンプなど繰り返すスポーツをされている選手や学生さんに多く発生します。

 

痛みの原因は

走ったり・ジャンプすると筋肉の収縮が起こります。

収縮が起こると骨に付着している筋肉や筋膜に牽引力がかかります。

実は繰り返し走ったり・ジャンプをすることでこの筋肉と骨の付着している部分で

牽引力が強くなると筋肉や筋膜、骨膜に負荷がかかり痛みや炎症反応が起こると考えられています。

またシンスプリントを治療もせずに放ってスポーツを続けると疲労骨折になる

可能性があるので早めの治療が必要です。

 

シンスプリントは運動を休んでも痛みの原因は取れません。

病院などでは部活や運動、スポーツの中止を指導されますが、

休んでいるだけでは根本原因が解決しないからです。

 

シンスプリントの根本原因はすね周りにある「ヒラメ筋」や「後脛骨筋」の

筋肉の硬さが原因だということが分かっています。

このヒラメ筋や後脛骨筋は走る・ジャンプ時によく使います。

 

筋肉の過負荷により疲労物質の蓄積や血流障害が起こると、

筋肉内部から低栄養、低酸素状態を起こし筋肉が硬くなり、

トリガーポイントという痛みの原因になる筋肉のしこりが発生し

痛みを引き起こしてしまいます。

 

シンスプリントを治すためには、原因となる筋肉の血流を改善し

筋肉の硬さを取り除くことが必要なのです。

 

運動を休んで痛みが軽減しても痛みの引き金となる筋肉の硬さを

根本的に治療を行なわないとすぐに症状を繰り返してしまいます。

 

当院では辛い痛みを早期に取り除き、痛みを繰り返さない為に当院ではまず

詳しくカウンセリング、検査をおこない痛みの引き金となっている筋肉の硬さ

がどこに発生しているかを見つけ出し、痛みの部位だけでなく、

筋肉の硬さが発生している筋肉を対象に血流を改善し痛みを根本から取り除きます。

 

もしも松山市で「シンスプリントの症状が良くならない」という方は

一度当院で施術を受けてみませんか?

保険での施術も可能ですよ!

 

LINEやメールでのご予約でしたら24時間受付中です。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

松山中央整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • 松山中央整骨院のLINE@はこちらをクリック松山中央整骨院のLINE@はこちらをクリック
  • 予約優先制

  • 定休日木曜、日曜、祝日
営業時間
10:00〜13:00
16:00〜20:30